食品製造業の求人に応募しよう!

求人サイトなどでアルバイトを探すときによく目にする食品製造業ですが、どういった仕事かご存じでしょうか。よく「工場勤務」や「ライン工」と呼ばれるもので、ケーキにトッピングをしたり弁当のおかずを詰め合わせたりする仕事です。作業内容はそれほど難しくなく、未経験でもすぐに効率よく仕事できるようになります。 仕事中はほとんど会話がないため、黙々と同じ作業を繰り返すのが苦にならず、工夫しながら物事に没頭できる人には打ってつけのアルバイトと言えるでしょう。もしノルマがあっても個人ではなくラインごとに定められており、時間内に全員で製造します。ラインを止めないことが求められるため、効率のいい方法を模索しながら作業していくことになります。

面接時に確認しておきたいこと

食品製造の仕事は未経験でも大丈夫とはいえ、面接の際には最低限の求人条件は確認しておきたいものです。まずは給料です。軽作業がメインであれば給料はそれほど高くはありませんが、夜間や年末年始などはアップするのが一般的です。効率よく稼ぎたい人は、働く時期や時間帯にも注意したいものです。 給料だけではなく、仕事の内容についてもできるだけ詳しく確認しておきましょう。特別なスキルが必要ないとはいえ、例えば体力に自信がない人であれば、重いものを持ち運ぶことがあるかは気にしておきたいものです。もしそうであっても、事前にわかっていれば、休憩時間にストレッチをしたり体に負担の少ない靴を準備したりと対策ができるためです。自身にとっての大切なポイントはあらかじめ確認しておきましょう。

経験談も参考にしよう!

いざ働き始めてから「こんなはずでは」と後悔しないため、実際に仕事をした人の経験談も参考にしておきたいところです。代表的なところでは、「食品を扱う責任を感じた」や「普段食べているものの製造過程を見られてよかった」など仕事内容に関するものや、「違う世代の人と交流できた」「年上のパートさんと話せて社会勉強になった」など対人関係に価値を見いだす声が多いようです。 「体を動かして健康になった」「体力がついた」など、働きながら健康になれたという声もあります。また、工場の仕事の中でも、食品製造業は特に品質管理が徹底されており、食に対する安全管理を勉強させられたという声も多くあります。私たちの生活に身近な「食」について、仕事を通じて再確認できる素晴らしい職種と言えるのではないでしょうか。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加