チェックしたい服装について紹介!食品製造の求人

食品は徹底した衛生管理のもとで作られるべきであり、髪の毛が一本でも入っていれば全てに入っていると思われてしまうことになります。そうなれば、せっかく作ったものも全部を回収することにもなりますが、新しく作りなおせばいいというものではなくなってしまいます。企業の信頼にも関わることになってその後の取引が中止されてしまったり、菌が入っていたとなると営業停止は免れることができなくなります。 そうならないように、作業スタッフの衛生管理は非常に重要となってくるので、服装においても厳しく決められていることも多いものです。工場からユニフォームとして支給されることもありますが、靴など自分で用意しなければならないこともあり、求人の応募の際には服装や持ち物についても確認しておく必要があります。

仕事内容とともに服装も確認しておこう

食品製造の仕事は、初心者でも応募が可能な求人も多くあり、それだけに気軽な気持ちで受けてしまいがちです。生魚や生肉を取り扱うわけではないなど仕事内容にばかり気を取られがちですが、作業に入るためには各自で用意しておかなければならないものがあるケースもあります。明日からすぐにでも来てもらいたいとなった場合に困らないように、持ち物や服装は事前に必ず確認しておく必要があります。 食品製造では、クリスマスやお正月、お盆やバレンタインデーなどになると、その時期だけの食品を大量生産することにもなります。そうなると、繁忙期だけの短期スタッフとして募集されていることがあり、短期間なので服装は自由ということもあります。しかし、繊維が食品に入ってしまわないような服を選ぶことは欠かせません。

ユニフォームを用意してもらえることも多い

食品製造の仕事では、短期間ではない場合にはユニフォームが用意されることもあります。繊維が飛び散らないような合成繊維のユニフォームを上下で揃えてもらうことができ、他にも帽子やマスク、手袋まで一式準備してもらえれば、どんな服を着て行ってもいいように感じてしまいます。しかし、食品を取り扱うということは一般的な事務所のような場所で作業を行うのとは違って寒い室内であることが多いものです。 人間が快適と感じるような気温となると、食品は早く傷んでしまうことになります。そのために、夏でも冬でも寒い場所で作業を行うことになり、ユニフォームがあったとしてもその下には防寒性の高い格好をしておく必要があります。夏であっても、薄手でも保温性の高い肌着を用意することは欠かせません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加