Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/1/deca.jp-xbve/web/aliceandericinasia.com/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/1/deca.jp-xbve/web/aliceandericinasia.com/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/1/deca.jp-xbve/web/aliceandericinasia.com/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/1/deca.jp-xbve/web/aliceandericinasia.com/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895
翻訳会社が変われば内容が変わる? | 翻訳会社活用フロー案内

翻訳会社が変われば内容が変わる?

翻訳会社ってご存知ですか。その名の通り、翻訳をする会社なんですけど、当然、言語を日本語に変えたり、日本語を外国語に変えたりというところが主になってくるわけです。グローバルな世の中に進化していっている過程なので、先日購入したスマートフォンにも翻訳機能がついていてちょっと感動したところです。文字を日本語に変換する機能だったり、日本語を外国語にしてくれる昨日は日進月歩で進化し続けています。しかし、使ってみた正直な感想は、まだまだといった感じですよね。翻訳した後、解釈するのにさらに時間がかかったりします。だから、人の手を介してしっかりと翻訳されたものはありがたいですね。どうしても慣れていない人が訳してしまうと、時代に合わせた言葉遣い、また訳す人の語彙力や表現の幅によって、同じものを訳したって当然違った表現になります。私なんか「Whatdoyoudo」が「あなたの仕事はなんですか?」になるということを先日知ったばかりなのですが、こういったニュアンス的なものが、表現が広がれば広がるほど違ってくるということなんですよね。人を介すれば介するほど、いろんな想いが入ってきて、時には大きな力になるはずなのですが、もしかすると作った人とは少し違ったニュアンスで伝わってしまうこともあるのかもしれません。「ホームページを外国語に変えて発信したい」「海外の製品を取り入れて仕事を効率化したい」等、曖昧にしてしまうと困る要素がたくさんある場合、機械を使って…といっても難しいですよね。翻訳会社を通じて間違いのないルートで仕事を進めていければ、きっと効率的に物事が進められます。


同じ翻訳会社を利用するメリット

翻訳を依頼する以上、1回だけでなく幾度となく世話になる翻訳会社が出てくることもあるでしょう。そうして同じ会社を利用し続けることには幾つかのメリットがあります。まずはもうどれくらいの費用がかかるか分かるのでそうした見積もりの作業を簡単に終わらせることができることです。またお得意さんとなれば場合によっては値引きをして費用が安く済ませてもらえる可能性もあります。よって費用面と作業面の両方でメリットが出てくるというわけです。ただ、もちろんそれは本当に信頼ができる会社に限ります。なのでそうして継続的にその翻訳会社を利用していくと考えるのなら、信頼ができるか、自分達が主に依頼する分野の翻訳が得意か、といった部分を見極めることが大事となります。もちろんそうしたビジネス面だけではなく、お互いの相性がいいかどうかもポイントです。


調整は翻訳会社に任せるべきかどうか

翻訳会社はそういう名称なのでするのは翻訳だけかと思われがちですが、それだけではなくレイアウトや書式といった調整もしてもらうことが可能です。ただ、もちろんそれらを依頼するとなると翻訳とは別の方面で費用がかかり見積もりが必要となります。そうした調整は翻訳会社ではなく依頼する側の会社でもできることではあるので、自分達でやるか依頼した会社に任せるか判断する必要があります。判断のポイントとしてはまずはそもそもレイアウトや書式が必要なのか、そして自分達の技術でその書類の調製をすることが可能か、そうしたところから決めましょう。その際には自分の会社のコンピュータがどの程度の環境であるか把握しておくことも忘れずに。当然そちらも依頼するとしたら今度は費用のことも考えなくてはいけません。なのでまずは判断する材料の1つとしてあらかじめその調整の見積もりを出してもらっておいた方がいいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *