日勤と夜勤もある食品製造工場の求人

近年では、機械化によってこれまで人が行っていた作業も機械を使って効率的に生産性を上げることができるようにもなりましたが、機械導入の経費は高額なものでもあり小ロット生産となると対応しきれずに人に頼らざるを得ないこともあります。さまざまなバリエーションを揃えなければならない食品製造業においては、工場でも人の手作業による仕事がまだまだ残っています。 食品は、賞味期限もあることから日勤作業だけでは対応しきれないこともあり、夜勤も含めて24時間稼働させている工場もあります。生活サイクルに合わせて日勤や夜勤を選ぶことができたり、中には交代勤務で働く形も用意されています。初心者でもできる作業や繁忙期のみの短期募集も行われているので、興味を持っているのであれば求人に応募してみるといいでしょう。

日勤や夜勤など勤務時間を選ぶことができる

食品製造業では、製造をしてからトラックに積み込んで運び、店舗に並べるまでにも時間がかかることになるので、朝一番に店頭に並べるためには夜に製造にとりかかる必要が出てきます。そのために、工場の中には24時間稼働して夜勤で働いている人も多くいます。小さな子供さんがいるお父さんであれば、少しでも子供と一緒にいる時間を確保したいものであり、夜勤で働くことができれば昼間は子供といる時間を作ることができます。 しかし、ずっと夜に自宅を空けるとなるとお母さんにとっても負担が大きくなります。そこで役立つのが交代勤務です。2交代や3交代など工場によっても時間に違いがありますが、昼間と夜間で働く時期が交互になれば、家族にも負担をかけずに子供といる時間も確保することができるので、非常に役立つ働き方ともなります。

初心者でも可能な求人も多くある

食品製造工場での仕事は、これまでに同業で働いた経験のある人であれば喜ばれることになりますが、自動車などのライン作業をしていた経験がある人など他業種で取り扱うものが違うとしても、作業を行うことに慣れていることから優遇されることもあります。しかし、全くの初心者という人であってもできる仕事は用意されているので、興味がある人であれば求人に応募してみるといいでしょう。 工場では、営業職や事務職などさまざまな職種の人がいますが、最も多くの人数が必要となるのが製造スタッフです。決められた重さを計測してパックに詰めたり、大きな工場になると作業が細分化されていて最後にふたを閉めるだけやシールやセロハンテープでとめるだけという作業スタッフが必要なこともあるので、初めてでも初日からできる作業も用意されています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加